風邪を引きやすい/インフルエンザ予防

風邪やインフルエンザのようなウィルスが体内に侵入して起こる病気は、体内の免疫細胞(白血球)
が退治する事によって、快方に向かいます。その免疫細胞を元気にしてくれる様々な栄養素があります。

〈オススメサプリメント〉

Multi-Balance V+M(マルチビタミン)Amino Balance(アミノ酸)
Vitamin C              Bio Flora(腸内細菌)

よく体調を崩す/風邪をひきやすい

10商品

おすすめ順 価格順 新着順

  • < Prev
  • Next >
10商品 1-10表示
  • <
  • 1
  • >
10商品 1-10表示
  • < Prev
  • Next >

〈処方箋:より効果的な組み合わせ〉


Multi-Balance V+M(マルチビタミン) + Amino Balance(アミノ酸)

【ニコニコ事典】

 

1.アミノ酸(即座にエネルギーに変換、疲れにくい身体に)

/臾仮態の改善(トリプトファン)
 リラックスホルモンであるセロトニンの材料
 神経を落ち着かせ、睡眠の質を高める

肝機能の向上(バリン、ロイシン、イソロイシン)
 肝臓の機能である体内に溜まった老廃物の排出、吸収した栄養分を全身に送り込むなどの効果向上

H容の増進(プロリン、アルギニン、システイン)
 肌の保湿成分や美肌を作り、関節を保護するコラーゲンの生成
 さらに皮膚の再生を活発化、シミを改善

だ長の促進(アルギニン)
 成長ホルモンを分泌させ、細胞の新陳代謝を高める

ト莽回復(バリン、ロイシン、イソロイシン、アルギニン)
 筋肉内で燃料として作用
 運動することによる筋肉の損傷、エネルギー消費による疲労感も改善

 ※BCAA(分岐鎖アミノ酸):バリン、ロイシン、イソロイシン
  摂取後30分で血中濃度がピークに達するため、筋肉トレーニングを始める30分前にこれらの
  アミノ酸を摂取することがオススメ

μ髪嵶呂慮上(グルタミン、アルギニン)
 免疫細胞(白血球など)を形成する材料

Щ號辰諒解(リジン、プロリン、アラニン、アルギニン)
 酸素を使って脂肪を分解し、エネルギーを産生(有酸素運動)

  • Drによる問診
  • 薬剤師による服薬指導
  • アミノ酸は疲労の回復をサポートします。運動する場合、前後にアミノ酸を摂取することで、筋肉の増強や筋肉痛の防止に役立ちます。また、日常的にだるさや疲れを感じる場合は、就寝前に摂取しましょう。
  • 食事で摂ったアミノ酸(タンパク質)の消化・吸収が行われている間は、サプリメントの吸収率が下がるので、食後2時間後(食間)や空腹時が効果的です。



1.ビタミンA(皮膚/粘膜を健康に導き、抗酸化力を併せ持つ)

“乕罅診緩譴鮴犠錣吠櫃繊外敵からの侵入を防ぐバリア機能を維持
活性酸素を除去する能力に優れ、がん予防・老化防止に効果を発揮します。(抗酸化作用)

※活性酸素:体を酸化させ、老化・がん化させる物質。光を感じる

4磴両霾鵑鮖覆襯蹈疋廛轡鵑虜猯舛箸覆蝓疲労回復や視力向上の効果があります。

  • Drによる問診
  • 薬剤師による服薬指導
  • 同じく抗酸化ビタミンであるビタミンE・Cと一緒に摂取すると相乗効果を発揮。        妊娠中の過剰摂取は、胎児の奇形に繋がるので注意が必要です。
  • 取りすぎると、体内に蓄積して、頭痛・吐き気などの過剰症を引き起こす事があるので注意が必要。 油に溶けた状態の方が吸収されやすいので、食後の摂取がオススメです。

 


2 ビタミンC(体中で必要とされ、各臓器で取り合い必死の働き者)
  特に大量に消費される・効果を発揮する場所


”腎(ストレス予防)
コルチゾール(ストレスを取り除くホルモン)、男性/女性ホルモンを作る時に必要になります。

¬髪嶌挧(免疫力アップ)
外敵を退治する際に発生する活性酸素から、自分の身を守る時に必要です。

4磧粉秬哉莽、眼の病気予防)
体内で唯一皮膚のガードがなく、紫外線の害を防ぐ時に必要です。

と乕罅僻の潤い/張り、シミ/そばかすに)br /> 細胞と細胞の接着剤であるコラーゲンを作り、肌に弾力を与えます。
しみ/そばかすの原因となる黒色メラニンを無害なメラニンにします。

 

  • Drによる問診
  • 薬剤師による服薬指導
  • 喫煙やストレスで大量消費するので、該当する人は意識して取る必要があります。
  • 一度に大量摂取すると、下痢・嘔吐などが見られる事があります。
    鉄剤と同時摂取で、鉄分の吸収を助けます。

 


3 バイオフローラ(腸内の環境を整え、免疫力をアップさせる)

〔髪嵶呂慮上
腸は、食べ物(栄養素)を吸収したり、免疫細胞(白血球)が最も多く集まっている場所です。
善玉菌が増える事によって、腸全体が元気になり、免疫力が向上します。

▲▲譽襯ー、自己免疫疾患の改善
上記の症状は、免疫細胞(白血球)が過剰に働きすぎる事によって起こります。
プロバイオティクス(乳酸菌など体にいい働きをしてくれる菌)を取り、腸内細菌のバランスを改善する事で、症状が改善していきます。

ガン予防、老化予防
発がん性物質、老化を促進する物質などを体外に排泄します。

ぅ咼織潺B群、ビタミンKを作る
貧血、肌荒れ予防に役立ちます。

  • Drによる問診
  • 薬剤師による服薬指導
  • 加齢と共に、乳酸菌は減少していくため、意識的な摂取が必要です。
    ※遅発型フードアレルギーに注意。牛乳・ヨーグルトなどの乳製品、乳糖といった甘味料などにアレルギーがある事に気づかず、摂取し続けると、食べれば食べるほど、症状が悪化し、発疹、下痢症状などが続く。
    数時間〜半日後に症状が現れるのが特徴です。
  • 乳酸菌は空腹での摂取で、胃酸により多くが死滅してしまいます。
    また深夜に活性化するため、食後、または夜の摂取がオススメです。