ストレス

過剰なストレスを受け続ける事で、心身に不調を生じている状態をいいます。
免疫力が低下し、風邪などの感染症にかかりやすくなるほか、
自律神経のバランスが崩れる事で不眠や、イライラ、うつ症状、生活習慣病の原因にもなります。

〈おすすめサプリメント〉

Multi-Balance V+M(マルチビタミン)Niacin(ナイアシン)
Vitamine C Bio Flora(腸内細菌)

ストレス

1商品

おすすめ順 価格順 新着順

  • < Prev
  • Next >
1商品 1-1表示
  • <
  • 1
  • >
1商品 1-1表示
  • < Prev
  • Next >
〈処方箋:より効果的な組み合わせ〉

  Multi-Balance V+M(マルチビタミン) + Niacin(ナイアシン)

【ニコニコ事典】

1 ナイアシン(別名:天然の精神安定剤と言われる)

感情の安定化、不安・うつ症状の改善
リラックスホルモン(セロトニン)、やる気ホルモン(ドパミン、アドレナリン)を作る材料となる  気分を落ち着かせ、不眠・倦怠感の改善、集中力の向上をもたらす。

  • Drによる問診>>
  • 薬剤師による服薬指導>>
  • 体内の酵素の約1/4(500種以上)をサポートする補酵素界のエースと言われています。 しかし、ナイアシンの過剰摂取は、ナイアシンフラッシュを引き起こす事があります。 1週間程度で自然消退しますが、体のほてりや痒みが生じたら、服用量を調節しましょう。



2 ビタミンC(ストレスを解消するホルモンを作る際の材料)

副腎という臓器で、コルチゾールというステロイドホルモン(ストレス取り除くホルモン)を作る時に、大量に消費されます。

  • Drによる問診>>
  • 薬剤師による服薬指導>>
  • 喫煙やストレスで大量消費するので、該当する人は意識して取る必要があります。
  • 一度に大量摂取すると、下痢・嘔吐などが見られる事があります。
    鉄剤と同時摂取で、吸収を助けます。



3 ビタミンB群(脳内の神経伝達物質を作る材料)

セロトニン(気分をリラックスさせる)、ドパミン(意欲的になる)などのホルモンを作る際に必要となります。

4 カルシウム/マグネシウム(精神を安定させる作用)

神経の興奮を抑え、気分をリラックスさせます。

〃豐匹鮃げて、血圧を正常に保ったり、頭痛を改善する
筋肉の働きをサポート

  • Drによる問診>>
  • 薬剤師による服薬指導>>
  • カルシウムは、胃酸によって吸収されやすい形に変化します。  ですので、胃酸が少ないと言われている日本人には効きにくいと言われています。  胃が弱くて、胃酸が少ない人は、食前に柑橘類を摂るとクエン酸が吸収を助けてくれます。
  • カルシウム・マグネシウムといったミネラルは、医薬品の効果を下げてしまう事があるので、服用  している薬がある場合、ご相談下さい。 また、マグネシウムはサプリメントなどで大量摂取すると、下痢などを引き起こす事があるのでご 注意下さい。



5 バイオフローラ(腸内の環境を整え、免疫力をアップさせる)

〔髪嵶呂慮上
腸は、食べ物(栄養素)を吸収したり、免疫細胞(白血球)が最も多く集まっている場所  善玉菌が増える事によって、腸全体が元気になり、免疫力が向上

▲▲譽襯ー、自己免疫疾患の改善
アレルギー反応は、免疫細胞(白血球)が過剰に働きすぎる事によって発生
プロバイトティクス(乳酸菌など体にいい働きをしてくれる菌)を摂り、腸内細菌のバランスを改 善する事で、症状が改善

ガン予防、老化予防
発がん性物質、老化を促進する物質などを体外に排泄

ぅ咼織潺B群、ビタミンKを生成
貧血、肌荒れ予防に役立つ

  • Drによる問診>>
  • 薬剤師による服薬指導>>
  • 加齢と共に、乳酸菌は減少していくため、意識的な摂取が必要です。  ※遅発型フードアレルギーに注意 。牛乳・ヨーグルトなどの乳酸品、乳糖といった甘味料などにアレルギーがある事に気付かず、 摂取し続けると、食べれば食べるほど、症状が悪化し、発疹、下痢症状などが続く。 数時間〜半年後に症状が現れるのが特徴です。
  • 乳酸菌は空腹での摂取で、胃酸により多くが死滅してしまいます。  また、深夜に活性化するため、食後、または夜の摂取がオススメです。