物忘れ/認知症予防

誰でも年齢と共に、記憶力は低下していきます。
加齢による物忘れは、脳の血流、そして働きを高める事で改善します。
ひいては、認知症の予防効果も期待出来るといわれています。

〈オススメサプリメント〉
 1 Multi-Balance V+M(マルチビタミン)  2 Bio Gingko(イチョウ葉)
 3 オメガ3(DHA/EPA)         4 Niacin(ナイアシン)

物忘れ/認知症予防

1商品

おすすめ順 価格順 新着順

  • < Prev
  • Next >
1商品 1-1表示
  • <
  • 1
  • >
1商品 1-1表示
  • < Prev
  • Next >
〈処方箋:より効果的な組み合わせ〉

1 Multi-Balance V+M(マルチビタミン)+ 2 Bio Gingko(イチョウ葉)
【ニコニコ事典】

.ぅ船腑ν奸DHA/EPA、ビタミンE
脳の血流を良くする事で、脳に栄養素を補給

▲灰┘鵐競ぅQ10(別名 ビタミンQ)

加齢により減少するため、積極的な摂取が必要

・エネルギーの生産をサポート
エネルギーを作りやすくする事で、疲労回復や加齢に伴う肌トラブルの修復、冷え性
にも効果を発揮

・強力な抗酸化作用
 活性酸素を除去する能力に優れ、がん予防・老化防止に効果を発揮

・免疫力増強作用

  • Drによる問診>>
  • 薬剤師による服薬指導>>
  • 食材に近い成分であり、特に問題となる健康被害や副作用は知られていない。
    稀に消化器症状が起こる事があるので注意が必要です。


  • コレステロールを下げる薬と併用することで、体内のコエンザイムQ10が減少
    すると言われています。そのような方は、積極的に摂取することをオススメします。
    また、降圧薬を併用している場合は、血圧の変動に注意が必要です。



2 ビタミンC(体中で必要とされ、各臓器で取り合い必死の働き者)
  特に大量に消費される・効果を発揮する場所

.▲潺了澄並┷造縫┘優襯ーに変換、疲れにくい身体に)
脳の伝達物質の材料になり、情報のやり取りを円滑にする働き

⊃臾仮態の改善(トリプトファン)
リラックスホルモンであるセロトニンの材料
神経を落ち着かせ、睡眠の質を高める

成長の促進(アルギニン)>
成長ホルモンを分泌させ、細胞の新陳代謝を高める

と莽回復(バリン、ロイシン、イソロイシン、アルギニン)
筋肉内で燃料として作用
運動することによる筋肉の損傷、エネルギー消費による疲労感も改善

※BCAA(分岐鎖アミノ酸):バリン、ロイシン、イソロイシン
摂取後30分で血中濃度がピークに達するため、運動を始める30分前にこれらの
アミノ酸を摂取することがオススメ

ヌ髪嵶呂慮上(グルタミン、アルギニン)  免疫細胞(白血球など)を形成する材料

  • Drによる問診>>
  • 薬剤師による服薬指導>>
  • 体内の酵素の約1/4(500種以上)をサポートする補酵素界のエースと言われています。
    しかし、ナイアシンの過剰摂取は、ナイアシンフラッシュを引き起こす事があります。
    1週間程度で自然消退しますが、体のほてりや痒みが生じたら、服用量を調節しましょう。
  • 食事で摂ったアミノ酸(たんぱく質)の消化・吸収が行われている間は、
    サプリメントの吸収率が下がるので、食後2時間後(食間)や空腹時が効果的です。




4 ナイアシン(別名:天然の精神安定剤と言われる)
ヾ蕎陲琉堕蟆宗不安・うつ症状の改善
リラックスホルモン(セロトニン)、やる気ホルモン(ドパミン/アドレナリン)を作る材料となる
気分を落ち着かせ、不眠・倦怠感の改善、集中力の向上をもたらす